卵・乳なし食品

給食代替:親子煮

給食代替のスープジャーの画像

今日の給食で食べられないものは、「親子煮」でした。
材料:とり肉、卵、じゃがいも、玉ねぎ、にんじん、グリンピース
調味料等:削り節、砂糖、醤油、みりん、水

鶏肉と野菜の煮物を卵でとじて食べやすくした感じでしょう。
その卵が食べられないのですが(泣)
親子丼の野菜たっぷりバージョンと推測して代替を作っています。

我が家では、親子丼はほとんど作らないです。
次男だけが食べられない料理を作るときは、
同じ材料で作りながら食べられる状態で取り置いておいて
そのまま食べたり違う味つけに変えたりしています。

でも、親子丼は卵が美味しさのポイントですよね・・・。
例えばカツ丼なら、カツのまま出せば喜んで食べてくれるけれど
卵なし親子丼は微妙・・・。

最初のころは代替のとき、親子丼を意識して煮物を作って持たせていました。
でも、次男には何だか不評で。
あるとき、これっていわゆる鶏肉を使った「肉じゃが」に似てるよな~
と思って、「鶏じゃが」を作って持たせたら大好評!
そんなに今までと違わないじゃーんと思いながらも
変に創作料理のようにした中途半端な煮物より、
王道の肉じゃがのほうが安心するということでしょうか。

今では親子煮の給食代替の日は、多めに肉じゃが(鶏じゃが)を作っておいて
翌日の夕食にも出してラクをしています。

給食に似たものを持たせなきゃ!と思いすぎてガチガチになると

「これ美味しいのかな~」なんて思いながら作って、料理も楽しくない。
家族に不評で残り物は私がひとりで食べることになるからと
中途半端な量を作ることになって手間とお金がかかる。
せっかく作ったのに残されて親子でテンションが下がる。
なんて結果になったり。

最近は肩の力を抜いて、ある材料で息子と相談しながら作ってます。
息子曰く「アレルギーで良かったことがあって」
「嫌いなグリンピースが俺だけ入っていないんだよ!」

なんて前向きなんだー!と笑ってしまいましたが、
なんだか救われる想いになったのでした。

ABOUT ME
mizutama
毎日ドタバタな、3児の母です。 子供との生活の中では日々、 考えたり調べたり発見したりの連続です。 特に、卵・乳アレルギーの次男については 他の子と同じように食を楽しませてあげたい、 しっかり健康な体に育てたい、と日々思っています。 同じ情報が他のママさんや子供のために役立つかもしれない! そう思って、ブログをはじめました。