アレルギー以外の話

突発性難聴と耳鳴りと帯状疱疹【40代の治療記録】

40代の病気と治療

昨年12月、私は右耳の耳鳴りがひどく耳鼻科を受診しました。
最初は、人の声や自分の声と同時に「ピーピー」という音が重なり
静かな場所にいると、ずっとキーンと音がしていることで気が付きました。
多少の耳鳴りは誰でもあるものですが
「ピーピー」という笛のような音はおかしいと思い、近所の個人医院を受診しました。

聴力検査で片耳の聞こえが悪いことが判明

耳鳴りがある方の耳が、通常よりも聴力が低いことが分かりました。
ヘッドフォンから聞こえるいろんな高さの音が、だんだん大きくなるので
聞こえ始めたらスイッチを押す、という検査と
反対側の耳からいろんな種類の雑音を聞きながらも、音が聞こえるかの検査をしました。

全く聞こえない訳ではないものの、雑音が入ると特に聞き取りにくく
また、前に聞いた音が耳の中に残ってしまっていて
次の音をとらえにくい感覚がありました。

先生に診てもらって、鼓膜や外耳、中耳に問題は無さそうでした。
ただ、音叉という道具でのテストで先生を悩ませてしまいました。

ウェーバーテストで矛盾が生じた?

専門的なことはよく分かりませんが、音叉という器具を使って
骨伝導の聞こえを確認するテストをしました。
先生が、器具をしならせて振動させて、私のおでこに当てました。
その振動が、左右のどちらが大きいか?と聞かれ
私は難聴の方の右耳だと答えました。

「うーん、それだと矛盾が生じるんだよね・・・」
と先生が困っていましたが
とりあえず、右耳の聴力が低いことは数値で出てきたので
難聴の治療薬としてのステロイドの飲み薬と、血行を良くする飲み薬を2種類処方してもらいました。
最初はステロイドは少な目で回復するか様子見、とのことで3日後にもう一度受診しました。

難聴が良くならず、ステロイドを増やす

聴力検査では変わりがなく、相変わらず骨伝導の聞こえも矛盾だと言われ
ステロイドの強い薬を増やしていきました。
突発性難聴の場合、ステロイドの強い薬は最初の1週間で効き目が出なければ意味がないそうです。
難聴になったら、少しでも早く治療を開始した方が効くそうです。

結局、マックスまで量を増やしても私は効き目がなく、この後、強い薬の副作用に悩ませられることになりました。

ステロイドで免疫が下がり、帯状疱疹になる

ある日、顔を洗おうとしたら「ピリッ!」と皮膚に痛みが・・・。
水が当たるだけでも痛い!
気が付くと発疹ができ、発疹が隣に並ぶように増えていきました。
急に皮膚の上を虫が走っているかのようなむず痒さが走り
寝ている時には突発的に搔いてしまいました。

発疹が増えるのが速く、ジュクジュクしてきたのと
あまりにもピリピリとするのでマサカ!?と思い皮膚科を受診。

発疹から取ったウイルスの検査をしたら、「帯状疱疹」でした。

耳鳴り、難聴の原因は帯状疱疹か?

もしかして、今回の耳鳴りと難聴の原因は帯状疱疹ではないか?と思いました。
でも、帯状疱疹の水ぶくれは顔の左半分に出ており
難聴は右耳なので、関係ないとのことで
ステロイドによる免疫力低下で、帯状疱疹発症との診断でした。

そんなにすぐ、免疫力低下するものなのか?と思いましたが
ステロイドを飲み始めてから、ずっと狂いの無かった月経が遅れ
ヒザに水が溜まったような感覚で曲がりにくくなり、
足を上げるのが鈍くなっていました。
その後よくなったので、副作用だったのだと思っています。

帯状疱疹については、また別で詳しく書きますね。
難聴と帯状疱疹のダブルの治療をすることになり、
難聴の原因は分からないまま、なんだか途方にくれていました。

耳鼻科の先生が、総合病院へ紹介状を書いてくれるというので
そちらで検査をしてみることになりました。
続きはまた記載していきますね~。

とにかく、突発性難聴も帯状疱疹も早期の治療開始が大事!
それは今回学んだので、同じような症状の方のお役に立てればと思い
記しておきます。

ABOUT ME
mizutama
毎日ドタバタな、3児の母です。 子供との生活の中では日々、 考えたり調べたり発見したりの連続です。 特に、卵・乳アレルギーの次男については 他の子と同じように食を楽しませてあげたい、 しっかり健康な体に育てたい、と日々思っています。 同じ情報が他のママさんや子供のために役立つかもしれない! そう思って、ブログをはじめました。