卵・乳なし食品

【卵なし・乳なし:こつぶっこ】アレルギー物質変更で食べられるようになった!

卵・乳なし こつぶっこの画像

今まで、乳が入っていて食べられないと認識していたお菓子が
いつの間にかリニューアルしていて
卵と乳の食物アレルギーの次男でも食べられるようになりました!
アレルゲンの変更があり、乳成分が除去されていました。

原材料、アレルギー物質変更のこつぶっこ

亀田製菓の「こつぶっこ」です。
同じ商品で小袋が4蓮になったタイプもありますが
アレルギー表示は同じでした。

卵・乳なし こつぶっこの画像

アレルギー表示は「小麦、大豆」です。

【2022年11月追記】
亀田製菓さんのサイトで確認したら
原材料の「乳糖果糖オリゴ糖」は「イソマルトオリゴ糖」に
変更になっていました。

乳糖果糖オリゴ糖は、乳たんぱくは残存しないか、してもごくわずかなため
基本的には乳のアレルギー表示はされなかったようです。
でも、乳アレルギーや乳糖不耐症の方は大丈夫か不安になりますよね。
現在は、乳糖果糖オリゴ糖の記載はなくなっています(^^)/

こつぶっこ アレルゲン表示の画像

「こつぶっこ」に似たお菓子で、「みりん揚げ」がありますが
みりん揚げは卵乳不使用の商品が多いお菓子です。

食物アレルギーの次男が小さいころ、
「こつぶっこ」がどうして食べられないのだろう・・・
と、いつも見るたびに思っていました。

小分けにされていて、外出時のお菓子にちょうど良いし
幼児が食べるのに最適なサイズなのに・・・と。

私は、次男が食べられる、食べられないと分かっていても
食品の原材料やアレルゲン表示を毎度確認するクセがあります。

それは、いつか食べられるように変更があるかもしれない、という期待と
急に変更になって、食べられないものを食べてしまうかもしれない、
という不安の両方からなのですが
もうすっかりクセになってしまい、スーパーで食品とにらめっこするのが日常茶飯事。
はたから見ると、ちょっと怪しい人かもしれません(汗)

ここ最近はアレルギーの方が増えていることから
昔からあるロングセラーの食品であっても
原材料を見直している傾向があるように感じます。

そして、今回の「こつぶっこ」のように
「より多くのお子様に食べていただけるように、アレルゲンから乳成分を除去」(ありがとうございます!)
という考えからリニューアル商品が出されています。

だから、私は日々原材料をチェックしています。
どれだけ怪しい人に見えようとも!
息子が食べられるものは、ひとつでも選択肢が増えてくれると
いいなと常々思っています。

ABOUT ME
mizutama
毎日ドタバタな、3児の母です。 子供との生活の中では日々、 考えたり調べたり発見したりの連続です。 特に、卵・乳アレルギーの次男については 他の子と同じように食を楽しませてあげたい、 しっかり健康な体に育てたい、と日々思っています。 同じ情報が他のママさんや子供のために役立つかもしれない! そう思って、ブログをはじめました。