卵・乳なし食品

【卵なし・乳なし:白あずきバー】

卵 乳 不使用 白あずきバー アイス 画像

今日は、「あずきバー」で有名な井村屋の限定新商品アイスをご紹介します。
2022年12月19日から、50万本限定での発売だそうです!


卵と乳の食物アレルギーの次男は、乳製品の入っているアイスは食べたことがありません。
(現在、卵は解除できて生卵以外は食べられます。)

基本的にバニラ、ミルク、チョコといったアイスはNGなので
アイスを食べるならシンプルなフルーツバーやガリガリ君あたりの
食べられる味を探すことにしています。

そして、次男が幼児の頃から大好きでお世話になっていたのが
井村屋の「あずきバー」でした。
硬くて有名な(笑)、甘すぎないぜんざいのようなアイス。
あんなにシンプルな材料なのに、まろやかで食べやすいアイスになっているのが不思議です。


卵・乳不使用:井村屋の白あずきバー

白小豆は、生産量が少なく希少価値が高いとのこと。
そんな白小豆を100%使用した「白あずきバー」を作ったのは
「あずきバー」が今年、発売50周年を迎えるからだそうです。
数量限定なら、今あるうちに食べておかないと!と購入してみました。
私はコンビニで買いました。

卵 乳 不使用 白あずきバー アイス 画像

原材料が砂糖、白小豆、食塩だけという、シンプルさ!
シンプルゆえに、北海道産の良い原料にこだわって作られています。

卵 乳 不使用 白あずきバー アイス アレルギー表示 画像

あずきバーと白あずきバーの違いは?

まず、白あずきバーもやっぱり硬かった!!(笑)。
でも、あずきバーより食べやすくなるのが早く感じました。
あずきバーは「まだ溶けない!まだ硬い!」ってなりますよね(笑)。

味は、色のせいなのか?クリーミーで、あずきバーよりまろやか。
アイス部分はより甘く感じて、小豆部分はよりゴロゴロと粒を感じます。
凍った小豆の食感が強いので、ガリガリした食感が好きな人向けです。

小1の長女はアレルギーはありませんが、あずきバーがずっと大好き。
その長女が「白あずきの方が好きかもー」と味わっていました。

あずきバーを温めてアレンジ!

あずきバーをレンジで1分半ほど加熱するだけで
暖かいぜんざいになるんです!
スティック部分を付けたまま、マグカップやお椀に入れてチンするだけ。
溶かすと分かるのですが、白あずきバーの小豆のゴロゴロ感。
白小豆のぜんざいは食べたことがないので気になります!

我が家はお正月の餅が余っているので、餅も入れてみようかな。(^^♪
ぜんざいにもなるなんて、材料がシンプルだからできることですよね。

ABOUT ME
mizutama
毎日ドタバタな、3児の母です。 子供との生活の中では日々、 考えたり調べたり発見したりの連続です。 特に、卵・乳アレルギーの次男については 他の子と同じように食を楽しませてあげたい、 しっかり健康な体に育てたい、と日々思っています。 同じ情報が他のママさんや子供のために役立つかもしれない! そう思って、ブログをはじめました。