卵・乳なし食品

卵・乳なし:豆乳グルト(豆乳のヨーグルト)

卵 乳 不使用 豆乳ヨーグルト 画像

卵と乳の食物アレルギーの次男。
どうも、お腹がスッキリしないようで、便やオナラの臭いが気になっていました。
乳が食べられないことで、腸内環境が悪いのかなぁ??とちょっと心配になっていました。
乳が入っていない、乳酸菌のタブレットを食べさせてみたり。
その効果は、臭いに関しては特にありませんでした。

腸内環境を整えるには、発酵食品が良いと聞きます。
毎日食べると良いそうです。
しかも、いろんな菌を摂取すると尚良いとのこと。
複数の発酵食品を組み合わせて食べるのがおすすめだそうです。

次男は、納豆は好きなのでよく食べます。
味噌や酢などは料理で使うので食べているほうです。
ぬか漬けやキムチは苦手なようです。

ヨーグルトを食べさせたいと思うのですが、
幼稚園のころに豆乳のヨーグルトを食べさせたら
「美味しくない・・・」と拒否されたことがあり
それ以来、買うことはありませんでした。

豆乳グルトは乳不使用!豆乳のヨーグルトで乳酸菌を取ろう

次男が幼稚園のころ、苦手だと食べられなかった豆乳のヨーグルト
昨年のことですが、スーパーで試食会をしていました。
アレルギーがあることを伝え、食べられることを確認してから
次男が食べてみたところ・・・「美味しい!」と。
豆乳の苦手な長男や長女も食べましたが、3人そろって美味しいと。
母、びっくり。
今回食べたのはこちらの
マルサンアイの「豆乳グルト」でした。

卵 乳 不使用 豆乳ヨーグルト 画像

豆乳グルトは2種類あります。
ふつうの豆乳グルトと、国産大豆の豆乳グルト(リッチテイスト)です。
次男が食べ比べたところ、国産大豆の方が気に入ったのでこちらにしました。
(国産大豆のほうが少しだけお高いです・・・味の分かるヤツめ・・・)

卵 乳 不使用 豆乳ヨーグルト 原材料 アレルギー物質 画像

原材料は豆乳のみ
アレルギー表示は下の方に小さく「大豆」と記されています。
乳なし!次男も安心して食べられます。

卵 乳 不使用 豆乳ヨーグルト 説明 画像

フタの部分の写真です。
「砂糖不使用、乳成分不使用、コレステロール0%」というのが押しなのが分かりやすい。

安心の植物性乳酸菌♪便通改善の報告もあり

マルサンアイという会社のホームページをぜひ見てほしいのですが
豆乳グルトについて詳しく紹介されています。

植物性乳酸菌は、昔から味噌や醤油、漬物などの発酵食品に利用されているので
日本人のお腹になじんだ乳酸菌だそうです。
そう聞くと、何だか安心しますよね。
豆乳とも相性がとてもいいそうです。

食べることで得る効果を研究していて、いろんな効果が見られるそうですが
私が一番気になる「腸内環境の改善」についても
便秘傾向の人の便通を改善することが明らかになっているようです。
次男に毎日少しずつ食べさせたい!と根拠をもって思いました(*^-^*)

豆乳グルトのレシピも参考になります!

ホームページには、豆乳グルトを使用したレシピも載っているのでオススメ!
個人的にとても嬉しかったのが「タンドリーチキン」です。
今まで、タンドリーチキンを作りたくても
肝心のヨーグルトが使えないので、いつも諦めていました。
さっそく作ってみようっと♪
お肉が柔らかくなるのか、楽しみです。

デザートのレシピもたくさん載っているので、参考になりますよ!

豆乳グルトが苦手な方に、ぜひ試してほしい食べ方!

食べ方も何もないのですが・・・
答えは、「ジャムを入れる」です。
そのまま食べると、豆乳のクセを感じるので苦手な方は多いかと思います。
次男が幼稚園のころに拒否した時も
もしかしたら、そのままか砂糖かハチミツを入れた程度だったかもしれません。

ぜひ、ジャムを入れて食べてみてください!
糖分は取ってしまいますが、とーーーーーっても食べやすくなって
デザートのような美味しいヨーグルト味になります。
ジャムなら、食物アレルギーの方でも食べられるものが多いかと思うので
ぜひセットで購入していくことをオススメします。
※注意点は、ヨーグルト用のソースなどは、乳が入っているかと思うので間違えないように!

ちなみに、次男のオススメはリンゴジャム。
最近はイチゴジャムで味を変えて楽しんでいます。
この辺はお好みです♪

卵 乳 不使用 リンゴジャム 画像
卵 乳 不使用 リンゴジャム 原材料 画像
ABOUT ME
mizutama
毎日ドタバタな、3児の母です。 子供との生活の中では日々、 考えたり調べたり発見したりの連続です。 特に、卵・乳アレルギーの次男については 他の子と同じように食を楽しませてあげたい、 しっかり健康な体に育てたい、と日々思っています。 同じ情報が他のママさんや子供のために役立つかもしれない! そう思って、ブログをはじめました。