食物アレルギーと外食

【卵なし・乳なし:すき家の牛丼(冷凍食品)】食物アレルギーと外食

すき家の牛丼の具の画像

すき家のお店で食べる牛丼には、
卵・乳不使用の牛丼があります。
スタンダードな牛丼、おろしポン酢牛丼など。
ミニサイズのお子様牛丼も大丈夫です。
ネットでアレルギー物質一覧表も確認できます。

お持ち帰りもできるし、サイズの変更もできるし便利ですよね♪
それに、外食にしてはお値打ちなのも嬉しい(*^-^*)

ただ、アレルギー物質一覧表で確認をすると
「工場の製造ラインで器具を共用している」ことと
「店舗で調理器具、食器を共用している」とのことなので
微量でもアレルゲン反応が出る方には、おすすめできません。

お子様用の「すきすきセット」には、お子様牛丼にサイドメニューとドリンクが付きます。
そのサイドメニューが、現在はカットりんごになっていますが
以前はひじきの煮物でした。
その時のひじきの煮物は次男の食べられないものでした。

サイドメニューまでアレルゲンを確認し、本人に伝えることを忘れないことと
メニューが変更になる可能性には、常に注意が必要です。

卵・乳不使用のすき家の牛丼は、冷凍食品もある!

冷凍食品の「すき家の牛丼の具」も、同じく卵・乳不使用です。
食物アレルギーの次男が食べられるし、急いで食事にしたいときに便利です♪
夏休みや、習い事前などの軽食に大活躍。

私がよくスーパーで購入するのが、お茶わんサイズ(70g×3袋)のすき家の牛丼の具です。

すき家の牛丼の具の画像

すき家の牛丼の具のアレルゲンの画像

電子レンジでも湯せんでも温められます。
お茶碗サイズなので、これに簡単な副菜や残り物などがあれば足します。

牛丼だけだと栄養が偏るかな?と心配になりますが
子供たちにはお茶碗サイズがちょうど良いみたいなので
あと少し、何かを足せば良し!と思っています。

夏休み、まだまだ続きます・・・。
上手に手抜きをしつつ、子供との時間を楽しみたいと思います。

ABOUT ME
mizutama
毎日ドタバタな、3児の母です。 子供との生活の中では日々、 考えたり調べたり発見したりの連続です。 特に、卵・乳アレルギーの次男については 他の子と同じように食を楽しませてあげたい、 しっかり健康な体に育てたい、と日々思っています。 同じ情報が他のママさんや子供のために役立つかもしれない! そう思って、ブログをはじめました。